令和2年 2020年 星占い(九曜星術)

九曜星とは・・・
供養星とも言ひ、人は誰もが本命星のもとに生まれています。単に「星占い」ではなく、自らの本命星を養い、善星を導き悪星を退け、自身の生活向上に活用していく占術です。當山では毎年二月一日に「星祭り」(星供養)を奉行し、「善星皆来 悪星退散」の祈祷会を厳修しています。
この九曜星の「星」とは夜空に輝く天体上の星でなく、人間の運勢や吉凶の判断に用いられる「九つの星」を意味します。もとは自然界に流れる一定の法則を古人が発見し、やがて「九星術」叉は「方位術」として体系化され、日本には仏教などと一緒に持ち込まれました。九星では宇宙法界に循環している精気を九つに分けて、五行説の基準である「木、火、土、金、水」と「白、黒、碧、緑、黄、赤、紫」の七色を組み合わせ、九年周期で一巡しています。

人は各本命星のもとに生まれてきます。九星は八角形の図で表され、各年の中宮(中央部)に来る星の配置により、これをその年の本命星として、自分の星との相互関係で運勢を観ていきます。そこで未然に悪星を退け災難を防ぎ、善星は積極的に暮らしに活かしていきます。以下、自分の生年より御自身の本命星を覚えてください。この本命星は生涯変わりありません。

 

生まれた年 あなたの運勢

一白水星  >>  
昭和02、昭和11、昭和20
昭和29、昭和38、昭和47
昭和56、平成02、平成11
平成20、平成29

 

二黒土星  >>  
昭和 元、昭和10、昭和19
昭和28、昭和37、昭和46
昭和55、平成 元、平成10
平成19、平成28

 

三碧木星  >>  
大正14、昭和09、昭和18
昭和27、昭和36、昭和45
昭和54、昭和63、平成09
平成18、平成27

 

四緑木星  >>  
大正13、昭和08、昭和17
昭和26、昭和35、昭和44
昭和53、昭和62、平成08
平成17、平成26

 

五黄土星  >>  
大正12、昭和07、昭和16
昭和25、昭和34、昭和43
昭和52、昭和61、平成07
平成16、平成25

 

六白金星  >>  
大正11、昭和06、昭和15
昭和24、昭和33、昭和42
昭和51、昭和60、平成06
平成15、平成24

 

七赤金星  >>  
昭和05、昭和14、昭和23
昭和32、昭和41、昭和50
昭和59、平成05、平成14
平成23、令和02

 

八白土星  >>  
昭和04、昭和13、昭和22
昭和31、昭和40、昭和49
昭和58、平成04、平成13
平成22、令和 元

 

九紫火星  >>  
昭和03、昭和12、昭和21
昭和30、昭和39、昭和48
昭和57、平成03、平成12
平成21、平成30